さくら姫のひとしずく

 ❤みなさまこんにちは❤  シャーマンであるさくら姫さまのファンクラブです。  神と人をつなぐさくら姫 神々さまの言葉をお伝えいたします。  たぐいまれなる力を発揮する乙女の存在をみなさまにお届けいたします。  よろしくお願いたします。

カテゴリ : 日常

昨日(9月10日)、
主人と二人で東京の錦糸町にあるお寺さんへお墓参りに行ってきました。
9月11日命日の義理の兄が眠るお墓です。

東京駅まで
ひかりなら1時間ちょっと。
こだまなら1時間半。
静岡から3時間ちょっとかかる道のりを私たちは今回高速バスで移動します。・・。

老体には少し響くこともあります。
年金生活の我々は新幹線代の半額、
つまり片道切符で往復賄えるバスを使用します。

渋滞に巻き込まれ往生することもありますが 
なんといってもバスは季節を感ずることが出来ます。
新幹線のあっという間に比べればすこしは風情を楽しむことができます。
そう、
前回と比べてちょっとづつ変わっていく町並みや景色や、
ずっと変わらない山並みや時々刻々変化する海の景色を目で追いながら
今日という特別な一日を二人で膝を並べてバスの旅を楽しむのです。


スカイツリーを真上に仰ぐお寺。
古刹として人々に知られているこの義兄の菩提寺は
いつもきれいに掃き清められていて清々しい気持ちになります。

駅の近くの花屋さんでケイトウの花を求め、
お寺さんでは、樒とお線香を準備して頂き お墓の前に立ちましたら、
すでにお花とお線香がお供えしてありました。

もしや、奥様がお参りに・・・・。
お花が供えられ、
お線香はまだ燃え尽きず、5,6センチほど残っていて煙が立ちのぼっています。
故人の奥様が六本木ヒルズの近くに住んでおられ、
キットおいでになられたのだと思いました。
奥様がお選びになった清楚なお花がおそなえしてありあましたので
私たちが用意したお花とお線香は別のお墓にお供えしました。

えっ?他人のお墓に?
ええ、実は住職さんのお話によると、
故人は生前 当家の墓参の際必ずお参りしてましたという
○○家のお墓の所在を伺っておりました。
私達も義兄にならいそちらもいつもお参りしておりましたので
この日もお墓にお供えしました。という訳です。

墓参の後、
いつものように駅前のビルの食堂街で昼食をとろうと
いつものお店へ行くと長蛇の列でした。
それではと周りを一周。
ほかのお店は殆どが空いております。
やはりいつものお店はこの地でも皆に大人気のようですね。

先を急ぐ旅人の身 待つ時間がもったいないので、
とあるキッチンに入り洋食を注文しました。

店員さんの接客態度も東京らしくテキパキと親切でよかったです。
お味の方はまあ満足でしたが、
ランチメニューのせいかお肉にボリュームを欠いていましたのが残念でありました。

気をとり直して、東京駅周辺を 弥次喜多散策をして、静岡へ戻りました。

霞ヶ関より高速に入ったとたん大雨。。。。
土砂降りです。
途中止んだり降ったりで賑やかに変化する外の景色を楽しみました。

家に着くと、静岡は一雨も降らなかったとか・・・。

人生の一コマ。
こちらは雨、同じ日あちらは晴れ。
人はその日その時 それぞれの時間を歩いていくもの。 
当たり前のことだけど、それは一体何故なのか?
ふと 生きていくことの不思議さを感じました。

そして・・・
この頃の地球規模での異常気象
東京でも  ひょうが降ったり、大雪に見舞われたり。
 そしてまたもや今日の東京の集中豪雨。

大東京の昨今の異常気象は神々による祓いの儀式なのでは。。。
と思ったりするのは私だけでしょうか。
今日の雨もお清めの雨であることは間違いなさそうですね。

願わくは
 生きとし生きるものが幸せでありますように。
 生きとし生きるものが幸せでありますように。
 生きとし生きるものが幸せでありますように。
 生きとし生きるものが幸せでありますように。





記・ブログランキング
精神世界ランキング

事任神宮
遠州の事任八幡宮さま
コトノママハチマングウさまです。
すっかり秋景色


新緑の5月以来のご参拝で、
三回目



















大銀杏拝殿右横の大銀杏
地面は黄色い絨毯が・・・



















境内から鳥居を望む
境内から鳥居を望む


















ハセ掛けする婦人







神社の前の田んぼでは農家の婦人がお一人で刈入れの真っ最中

刈り取った稲束をハセに黙々と掛けていた。
随分遅い刈入れだこと・・・
きっと、いろんな事情で今日になったのだろうけど
ひとりで黙々と働く姿に、昔の田舎を思い出していた。
黙々と働く母の姿を。
そういえば、わたしが生まれたのも秋の日の夕暮れ。
当日、刈入れの重労働をした日の夕方だったそうな。
臨月の大きなおなかを抱えて、母は重労働に耐え、わたしを産んでくれた。
母はどんな思いで、わたしを産んでくれたのだろう。
そんなことをふと思い心穏やかではいられなかった。








記・ブログランキング
精神世界ランキング



秋葉神社下社様




















木々は紅葉してました。
また落葉した枝はしっかりと来年にむけて、新緑に向けて準備を始めているようでした。
青空がまぶしかったです。


おみくじ
















 秋葉神社様のお社に結んであったおみくじ・・・・
                       華やかな色彩に思わず見とれ
                       再び社務所に戻っておみくじを買い求めました。



色どり

色鮮やかな万両ですか?
名前が分かりません
たわわに実っていました。



















                            
彩雲            
















 ラッキー!! 
今年二度目の彩雲
                        車の中から撮ったので少しぼやけてる感じ
                        しかも走行中
                        もちろん助手席です





記・ブログランキング
精神世界ランキング

青空




















台風が日本列島を通り過ぎて行きました。あおぞら
台風が愛知県に上陸したころ、
さくら姫が言いました。

『マンションの屋上に龍神様がいらっしゃる。
その前足で白い珠を持ち、
台風を納めるために見守っていらしゃる。』
ときぃーちゃんが言ってるよ。

さらに、
『龍神様が御酒を供えるように』とのこと。
早速、御酒をお供えいたしました。

そして、
なにとぞ、台風が速やかに日本列島から、立ち退いてくれるようお働き下さい。
そして、被害が少しでも、少なくて済むようにご守護下さいますよう どうぞ、どうぞお守り下さい。深く祈念致しました。

そのころ、雨風がひどく、いつもは玄関にいらっしゃる福の神様も家の中に避難されてました。
多少の風雨は遠慮して家の中においでになる事はなかったのですが、
今回はご自分から入って見えました。
全身ずぶぬれで、寒さに震え、何か温かい物を食べさせて下さいと仰りながら
倒れこんでしまいました。


龍神さま その御加護があり、昼ごろに 当地は、何の被害もなく、平穏を取り戻しました。
龍神さまのご加護 偉大なるべし
龍神さまは、もっと上等なお酒をとご所望されました。 


玄関からはるかに富士山を望む
                                富士山

?



記・ブログランキング
精神世界ランキング

このページのトップヘ