さくら姫のひとしずく

 ❤みなさまこんにちは❤  シャーマンであるさくら姫さまのファンクラブです。  神と人をつなぐさくら姫 神々さまの言葉をお伝えいたします。  たぐいまれなる力を発揮する乙女の存在をみなさまにお届けいたします。  よろしくお願いたします。

カテゴリ : スピリチュアル

もし・・・・・・
私に会いたくなったら、静かに自然と語りなさい。
私は自然の諸々の中に住んでいます。
今、あなたが木々の緑に目を注いだなら、さやさやと小枝をゆらして知らせるでしょう。
此処に私は来ていますと。
やさしく風にふかれる一時を感じたならば、私は軽く頬をなでましょう。
ふと  何気なく見つめる草花は私の笑顔を示すでしょう。


成す術を見い出せず、辛い時はためらわず草原に出て、地面に身体をふせなさい。
両手を伸ばし、片耳で、大地の鼓動を聞きなさい。
そうして・・・・・
自然のリズムと調和出来れば
あなたはいつも私を発見できるでしょう。
自然こそが私であり
そしてあなたです。
あなたに与えられた一切のものを人々に還しなさい。
あなたに与えられた一切のものは、神の慈悲であり
人々に還元する行為はあなたの愛の実施です。


命の限り生き抜きなさい。
あなたの出来る範囲でよいのですから。
人々に神理の種を蒔きましょう。
理想を求め、ユートピアを目差しなさい。
それがあなたの使命ですから。


記・ブログランキング
精神世界ランキング


~さくら姫のブログより~

・・・又気付くとバス停留所にいた。

○○屋の駐車場にク○ネ○ヤ○ト宅急便のトラックが2台止まっている。

私が見てると、父とあと一人男の人が来た。

父がその人にお小遣いを下さい。と頼んでいる。

その人はしばし考え小銭を放り投げた。

610円だった。

私の方をちらりと見やると欲しいか?と言われている気がしたが、

私はいりませんと断った。

ちょうど夕日が傾いている時分でその男の人に西日があたり、

あかあかと神々しく燃えていた。


名前も名乗らなかった。

私も尋ねませんでした。

その方の恰好は、頭が坊主か手拭いを巻いてて、

メガネをかけていて着物をまとい

ゲタをはいていたような・・・。

一見厳しくて恐い感じがしたが、

私にはその厳しさの中に優しさがあふれていらっしゃるのだ

と思いました。

またお逢いしたいです。


はてなマークどなたか、この夢日記のなぞ解きをしていただけますか?

ブーケ1 お待ちしてま~す。ブーケ2    さくら姫










日記・ブログランキング
精神世界ランキング

私の母はなぜかスプーンを曲げる事が出来ます。
それを、知ったのは今年になってから。(随分前からできたようですが・・・・)
そして、それを目撃しました

何事でもないようにほんの数分でグニャリとスプーンを曲げてしまいました。
ビックリしたのは、いうまでもありません。
スプーン曲げばあば御歳87歳。

~清らかな魂のかたですね・・・。~
数年前 神様からお褒めの言葉を戴きました。
若いころは、60kgの米俵を担ぐ女丈夫。
強い信念を持ち、優しさと、厳しさを持った、古くて新しい女性です。
新島八重もびっくり。

東京で、着物着付け教室を開き、若き乙女に、着物の着付けを教え、
また、着物(振袖、小紋その他、着物一般)の仕立てを致しております。
50歳すぎて着付け教室に通い、教授の資格を取得、
その後正式にお針の国家資格を取得しまして、お針の先生でもあります。
いまは、逗子へも出張し、着付け教室のほか、
モンペの作り方 縫い方を教えたりしています。
スーパーおばあちゃんです。

私が小さい頃は、家では養蚕もしていて、母は蚕から糸を紡ぎ、染色し
機を織り、そして着物を仕立てていました。
(勿論繭玉は共同出荷していましたので、くず繭を使用して・・・)
また、味噌も醤油も納豆もすべて自家製でした。
さくら姫はその血筋をひいております。
ですが、手先の仕事は、私と同様苦手のようです。BlogPaint



日記・ブログランキング
精神世界ランキング



生きていると、本当にいろんな事がありますね。
よきに付け 悪しきに付け
まさかという事があちこちに潜んでいるものです。
これだから 人生わくわくするのかも・・・・・・・。

去年の暮、おのが新年度の行事予定に<<節分会に参加>>がありました。
ところが 事情で中止となり、来年度へと先送りを余儀なくされました。
そして淋しくしておりましたら。

なんと、三日の夜、節分の神様が我が家においで下さいました。
長い一日の お勤めのあと お疲れのご様子もみせずに・・・・。
あ・あ・ありがとうございます・・・。と思わず ひれ伏しました。

節分の神様はお面をお脱ぎになりました。
そのお顔にはお面が。
そして 何回もお面をお脱ぎになりましたが
最後のお顔もお面のままでした。

祝宴をと思いましたが
病身ゆえ何のおもてなしもできませんでした。

その夜 節分のかみさまは お泊まり下さいました。
ほんに ありがたいことでございます。







日記・ブログランキング
精神世界ランキング

承元寺六地蔵さまDSCF0509

小さなお坊さま

新たなお客様、小さなお坊さまが、何とまたまた我が家においでになりました。
昨日、興津の承元寺へ行った折、一緒についておいでになったと・・・・。
そして、その訳は、
きぃーちゃんを指導するため、
1週間ほど、滞在されるとのことでした。
可愛い箪笥を背負っておいでとのこと。
早速、坐禅の修行が始まりました。








日記・ブログランキング
精神世界ランキング

このページのトップヘ