さくら姫のひとしずく

 ❤みなさまこんにちは❤  シャーマンであるさくら姫さまのファンクラブです。  神と人をつなぐさくら姫 神々さまの言葉をお伝えいたします。  たぐいまれなる力を発揮する乙女の存在をみなさまにお届けいたします。  よろしくお願いたします。

カテゴリ : 福井ふみ子抄」

三島・清水町久米田の正眼寺の奥様・福井ふみ子さんを偲んで、
「小寺の灯」より掲載させて頂いております。

六genji1 090










写真は
本文とは関係ありません





つれづれの記
5月
 
5月生まれの私は、5月がこよなくすきです。
新緑に木々が燃えて生き生きと輝く5月の明るさに身心が洗われるようで、
すがすがしく、若々しい気持ちになります。
正眼寺に参りまして、私が一番嬉しかったことは、木々がたくさん茂っていることでした。
楠の大樹の見事さに驚きました。
「このお寺は木がたくさんあっていいですね」
と和尚さんに申し上げますと、
「木は気が休まるといいます」
とおっしゃいました。

私は二十五年前、カリエスで入院している時、
窓から見える1本の銀杏の木に慰められ励まされました。
とくに5月はみどり児のちいさい握りこぶしが少しずつ開いて行くように、
銀杏の木の芽の育つ日々が楽しみでした。
病状が悪化した時でも、新緑の頃は、心が生き生きとして、生き抜く希望に燃えました。
9年間仰臥した私の唯一の伴侶は手鏡でした。
手鏡に写る空や銀杏と対話しました。

中村汀女先生の「風花」誌10周年記念句会の時
「新樹」の題に即興的にできた私の句

     
生きむとす生きむとす新樹手鏡に

の投句が入選し、渋団扇:シブウチワに先生の

     
きらきらと浜昼顔が先んじぬ

の賞を拝受し、好きな新緑の句の入選なので、本当に嬉しく思いました。

風薫る五月、五月晴れに泳ぐ鯉のぼり、
カラカラときらめき鳴る矢車の音、
あたりがまばゆいように若葉が光り、
大地に鯉のぼりの影がおどる。
5月が来ると、毎年、折り紙で鯉を折ります。
目玉とうろこを描き、竹箒の古材を洗って糸で折紙の鯉を結び、
手作りの鯉のぼりを作って子供達にくれています。

昔、釣道楽の父は。海や川へよく出かけました。
ある時、父は新聞に出るほどの七瀧の大鯉を釣りましたが、
七瀧の主だと申され、
それ以来プツリと釣りをやめてしまいました。
五月に縁のある鯉のぼりを折り紙で毎年折っては、
七瀧の主の供養と子供たちにプレゼントしています。

立夏を迎え。炉から風炉に替り、開け放たれた緑したたる庭を見つつ、
わが誕生日の一服の茶はまことに有難く、
しみじみと一椀のみどり鮮やかなお薄をいただく幸せを思います。
                                                  福井ふみ子~小寺の灯より~ 



つつじ(白)



一切有為法 如夢幻泡影 如露亦如雷 應作如是觀






日記・ブログランキング
精神世界ランキング





福井ふみ子俳句集より



                一山は新樹曼荼羅寺小さし

                柿田川新樹かむりて水迅し

                檀家総代村に先だつ鯉のぼり


                        福井ふみ子俳句集(正眼俳壇より)





日記・ブログランキング
精神世界ランキング


このページのトップヘ