事任神宮
遠州の事任八幡宮さま
コトノママハチマングウさまです。
すっかり秋景色


新緑の5月以来のご参拝で、
三回目



















大銀杏拝殿右横の大銀杏
地面は黄色い絨毯が・・・



















境内から鳥居を望む
境内から鳥居を望む


















ハセ掛けする婦人







神社の前の田んぼでは農家の婦人がお一人で刈入れの真っ最中

刈り取った稲束をハセに黙々と掛けていた。
随分遅い刈入れだこと・・・
きっと、いろんな事情で今日になったのだろうけど
ひとりで黙々と働く姿に、昔の田舎を思い出していた。
黙々と働く母の姿を。
そういえば、わたしが生まれたのも秋の日の夕暮れ。
当日、刈入れの重労働をした日の夕方だったそうな。
臨月の大きなおなかを抱えて、母は重労働に耐え、わたしを産んでくれた。
母はどんな思いで、わたしを産んでくれたのだろう。
そんなことをふと思い心穏やかではいられなかった。








記・ブログランキング
精神世界ランキング