~さくら姫のブログより~

・・・又気付くとバス停留所にいた。

○○屋の駐車場にク○ネ○ヤ○ト宅急便のトラックが2台止まっている。

私が見てると、父とあと一人男の人が来た。

父がその人にお小遣いを下さい。と頼んでいる。

その人はしばし考え小銭を放り投げた。

610円だった。

私の方をちらりと見やると欲しいか?と言われている気がしたが、

私はいりませんと断った。

ちょうど夕日が傾いている時分でその男の人に西日があたり、

あかあかと神々しく燃えていた。


名前も名乗らなかった。

私も尋ねませんでした。

その方の恰好は、頭が坊主か手拭いを巻いてて、

メガネをかけていて着物をまとい

ゲタをはいていたような・・・。

一見厳しくて恐い感じがしたが、

私にはその厳しさの中に優しさがあふれていらっしゃるのだ

と思いました。

またお逢いしたいです。


はてなマークどなたか、この夢日記のなぞ解きをしていただけますか?

ブーケ1 お待ちしてま~す。ブーケ2    さくら姫










日記・ブログランキング
精神世界ランキング