さくら姫のひとしずく

 ❤みなさまこんにちは❤  シャーマンであるさくら姫さまのファンクラブです。  神と人をつなぐさくら姫 神々さまの言葉をお伝えいたします。  たぐいまれなる力を発揮する乙女の存在をみなさまにお届けいたします。  よろしくお願いたします。

みなさま お初にお目にかかります。 <大河の一滴>と申します。 すてきなさくら姫さまをみなさま、ご紹介致します。

生まれ変わり
重松宗育住職















もし輪廻転生というものがあって
死後の行く先を選べるなら
私は人間界はもうけっこうで

そう、田舎道の傍らに茂る栴檀がいい。
見晴らしのいい広々とした所で、
枝を伸ばし、好き勝手に立っていたい。
さらさらと葉の茂る夏には蝉たちに
木登りして遊ぶ子供たちに
炎天を逃れ日陰が集う女学生たちに
にわか雨で雨宿りをする老人たちに。
誰にでも場所を提供するけど
私はただ好き勝手に立っているだけ。

あるいは
山奥の薬草もいい。
知る人ぞ知るような山奥へ分け入り
虫に刺され、岩で膝をすりむき
目立たぬ物陰にいる私を
ひたすら探し求める熱心な人がいたら
私は
自分が受け継いだ宝物のすべて
私のもっているもののすべてを
手渡したい。


                               承元寺住職 重松宗育著
                               愚中庵詩集④「千の風になる前に」 より









記・ブログランキング
精神世界ランキング

承元寺わが嵐が丘


わが庭の一角を占めるヒースの灌木。
イギリス・ハワース村の「嵐が丘」から
はるばるわが庭へやって来た
挿し芽が育ってもう十数年たつ。
すぐに日本の気候にもなれて
毎年、夏になると
ピンク色の小さな花が私の目を楽しませ
私の心をふっくらと膨らませてくれる。

風が吹くたびに、ヒースがかすかに揺れる。
その風に乗ってキャサリンの声が聞こえる。
「あのおかのヒースのなかへ飛びこみさえしたら
きっと元の私に戻れるわ!」 *
ヒースクリッフの声がその後に続く。

わが小さな「嵐が丘」に展開する
耳に聞こえず
目に見えぬ
ドラマに一人で
観入り
聞き入る
何んともぜいたくなひととき。
      
                       *I'm sure I shold be myself were I once
                        among the heather on those hills.

                               承元寺住職 重松宗育著
                               愚中庵詩集④「千の風になる前に」 より









記・ブログランキング
精神世界ランキング


2013-06-01_0396


語らい

千恵子は見えないものを見た。
光太郎は、もはや光を失った
千恵子を見た。

後ろを振り返って、
「今日の作品のできはどうだろう」
と声をかける瞬間は
芸術家にとって最高の幸せ。

光太郎には千恵子の返事が聞こえる。
眼には見えない世界に展開する
芸術家同士の確かな一時。








                               承元寺住職 重松宗育著
                               愚中庵詩集②「いのちのいろは」 より









記・ブログランキング
精神世界ランキング

このページのトップヘ